写真家CWのブログ


by CWニコニコ

FUJIFILMのフラッグシップ機X-T1を使ってみて

FUJIFILMのX-T1を使った撮影会がありましたので参加してみました。
X-T1はフラッグシップ機ということでいろいろと質問したいことだらけで‥。
奈良公園の飛火野に集合。
いいお天気でした。
a0285603_153043.jpg

もちろん鹿さんに登場していただき撮影会です。(笑)
a0285603_1531212.jpg

とりあえずお借りしたままのセットで撮影してみました。
レンズはXF18-55mmF2.8-4 R LM OISを絞り開放にして。
a0285603_1534574.jpg

RAWを色収差やザイデルの5収差を補正せずにシルキーピクスで現像したオリジナルをそのままアップしていますが、ブログのほうで自動圧縮になっているのでどこまで正確にレンズ性能をお伝えできるかなぁ?

このカメラは他社と同じようにカメラ内でJPEGを作る時に色収差を補正してくれますがザイデルの5収差もほとんど補正してくれるらしいです。
(詳しいことは内緒にしておきます。)

拡大してみると枝の部分に色収差が出てもいいはずなのに‥。
a0285603_15442058.jpg

このレンズは光学的にも優秀なのか色収差なんて補正しなくても全然わかりません!

次は超高性能な XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRをもちろん開放で撮影してみました。
a0285603_1548612.jpg

え~っ、ほんまにこんなにシャープでええのぉ?(思い切り関西弁ですが‥)
ビビるぐらいすごい正確なピント!
普通の一眼レフの位相差AFでは考えられないぐらい。
a0285603_15531139.jpg


次は使いやすい標準レンズということでXF35mmF1.4 R。
a0285603_15544433.jpg

これもまた信じられないぐらいのピント!!!
f1.4のレンズを開放では位相差AFで撮影するなんて恐ろしいことは絶対に出来ないですが、それが簡単に出来てしまう‥。
これがミラーレスのすごいところで、しかも高性能なEVFと相まって明るいところでも写しやすい!
しかもキャノンライクに親指AFのセッティングも出来るみたいです。

☆X-T1で親指AFにする方法☆

まずボディ前面のAFモードをM(マニュアル)にする。
これでボディ背面のAF-LのボタンがAF-ONに変わります。
AF-Lを押した時のみAFが作動してシャッターボタンはシャッターのみなります。
あとはボディ背面のAE-LのボタンとAF-Lのボタン機能を入れ替えるとキャノンと同じような感覚で親指AFが使えます。

今日のカメラは、FUJIFILM X-T1+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS、XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR、 XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR、XF35mmF1.4 Rです。
a0285603_176233.jpg


ぽちっとしていただけるとすごく嬉しいです。(^^ゞ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
[PR]
by jounisaosaseba | 2015-03-21 16:10 | 写真